台湾書道家-澹廬の門下生作品展

開催期間: 2017年1月6日午前10時-1月15日12時 オープニングセレモニー: 2017年1月7日(土)14時 出展者: 曹容(Cao Rong ) 、連勝彦(Lian Sheng-yan) 、林彦助(Lin Yan-zhu) 、蔣夢龍(Jiang Meng-long) 、林政輝(Lin Cheng-hui) 、蕭恵幸(Xiao Hui-xing) 、 李建徳(Li jian-de) 、連瑞芬(Lian Rui-fen)
×

註明

Please enter your Disqus subdomain in order to use the 'Disqus Comments (for Joomla)' plugin. If you don't have a Disqus account, register for one here

Event Info

2017年1月6日午前10時
2017年1月15日12時
東京都町田市民ホール 4階 ギャラリー / 東京都町田市森野2-2-36

 

曹容名はチュープ、号はザンロ又はジューチー、1895年台北市大稲埕獅館巷生まれ。20歳の時に既に書道の名を台北に広げていた。35歳に澹廬(ザンロ)書道を創立し、海東で書学及び伝統詩学を推進すると共に、尾崎秀真氏及び幣原坦氏の書道指導を担っていた。当時台湾で相当活躍していた書道家である。

壮年期には日本の関東や関西へ旅立ち、文壇の巨匠たちを訪ねていた。その後日本国士頭山満氏の書塾の書道教席に任用され、日本大蔵省振成会の書道教席を兼任し、芸術の名を日本にも広げていた。それに日本書道振興会、関西書道会、日本美術協会等が主催する書道展に連年参加し、数十回も奨を獲得した。ソウ氏の書学は失敗を恐れずに筆を下ろすことを主張した。筆先の韻は力強く、気は飾りなく素直に書くことを書道の美学としての最高追求とした。生前の門下は五代目に栄え、八十年間にわたりソウ氏の影響を受け継ぎ、現在は書道界に至る所に弟子が居る。弟子や孫弟子は台湾書壇の頭である中国書法学会を牽引しており、他の書会等の理事長も就任している。

オープニング: 2017年1月7日(土)14時

主旨

主催:台湾芸術家・現代モダン展実行委員会

運営:RUMOTAN(儒墨堂株式会社) 共催:虎之助デジタル科技有限公司(台湾)、儒墨堂文化事業有限公司(台湾)

協力:一般財団法人町田市文化・国際交流財団、一般社團法人日本中國經濟交流協會

町田市、公益財団法人交流協会、台北駐日経済文化代表処、一般社団法人日本デザイン書道作家協会

メディア: 日中新聞社

曹容(Cao Rong )

連勝彦(Lian Sheng-yan)

林彦助(Lin Yan-zhu)

蔣夢龍(Jiang Meng-long)

林政輝(Lin Cheng-hui)

蕭恵幸(Xiao Hui-xing)

李建徳(Li jian-de)

連瑞芬(Lian Rui-fen)

 

開催場所:日本東京都町田市民ホール 4階 ギャラリー 所在地:〒194-0022 東京都町田市森野2-2-36 TEL:042-728-4300 FAX:042-729-6730 【休館日】第1,3月曜日 (休日の場合は翌日) 観覧料無料 交通アクセス 電車でおこしの方 小田急線町田駅「西口」から徒歩7分 JR横浜線町田駅「中央改札口(北口)」から徒歩10分 バスでおこしの方 「町田市役所市民ホール前」バス停から徒歩1分 HP:http://www.tokyo.rumotan.com/ TEL:+81(80)1254-4758(東京) +886(2)8993-5275(台湾) E-mail:Email住址會使用灌水程式保護機制。你需要啟動Javascript才能觀看它 Fax:+886(2)6627-3433

Event List

Event New