主旨

「台湾アーティスト現代モダン展」は2016年12月6日午後2時から8日、2017年1月6日から15日、1月18日から26日までの3つのスケジュールで、東京都町田市民ホール 4階 ギャラリーを会場に催されます。
×

註明

Please enter your Disqus subdomain in order to use the 'Disqus Comments (for Joomla)' plugin. If you don't have a Disqus account, register for one here

「台湾アーティスト現代モダン展」は、東京都町田市民ホールを会場に、3つのフェーズに分けて開かれる予定です。台湾美術アートクリエイターによる哲学の実践と産官学三方による協力の推進によって、国際的な視野で芸術交流を進展させていくとともに、台湾アーティストを中長期なスパンで高度なレベルに発展させていくことが本展覧会の宗旨となっています。

「台湾アーティスト現代モダン展」は2016年12月6日午後2時から8日、2017年1月6日から15日、1月18日から26日までの3つのスケジュールで、東京都町田市民ホールを会場に催されます。


台湾モダンアート展は東京都町田市民ホールにて3フェーズで先行開催されるほか、2017年には日本の美術館、芸術文化センター、ならびに中国の美術館および芸術センター等で次々に巡回展が実施されます。アジアの平和的な芸術文化交流が実際の行動によって促進されていくことが期待されます。

台湾アーティスト現代モダン:
台湾現代アーティストの成長の背景とアート創作の様相は、それぞれ異なったものとなっています。しかし、その創作は本質的な精神において、非の打ち所のない新オリエンタリズムの文化コレクションとなっているのです。
オックスフォード学派のデレックは、オリエンタリズムの歴史の水脈を分析する際、プラット(Mary Louise Pratt)が説いた「接触領域(コンタクトゾーン)」という空間概念を用いています。すなわち「植民によって遭遇する空間で、地理と歴史上において分離されている民族が相互に接触し持続的な関係を築き上げた領域を指し、通常は弾圧を伴い、極端な不平等や消し去り難い衝突が生まれる状況」という概念です。

まさに台湾は、数百年来の歴史において、この「接触領域(コンタクト・ゾーン)」となり、東西文化における新オリエンタル主義、つまり現代モダンを自身の文化として生み出したのでした。過去から現代に続くパターン化された形式や制約を受けることがない、現代のモダンといえるものであり、意識の流れから受け取った文化の多様性を体現しているのです。

台湾現代アート創作の発展動向:
台湾は、世界的にはアジア太平洋地域における辺境地帯に位置していながら、一方で各種の文化が交錯と融合を重ねる地域でした。学説では、台湾の原住民の歴史は1万5000年前から氷河期末期にまで遡るとされており、人々は主に東南アジアの島々等から台湾に移り住んできたのです。そして、台湾原住民に加え、大陸各地から移り住んできた移民との間で継承と融合が行われる一方、現代に至ると、東南アジアの民族が新住民として次第に台湾に溶け込んでいくことになり、さらにはオランダ、スペイン、日本等、異なる時期で民族文化の衝突による融合を何度も経験したのでした。台湾は芸術文化においても、多様性と生命力、そして新オリエンタリズムを内包した現代モダンの要素を持ったものへと自然に進化が見られています。もともと有していた要素の下で、かえって各種文化の融合が可能な独特で恵まれた条件を有していたことで、台湾アーティストは現代クリエイターのなかでもニッチな存在となっているのです。

台湾アーティストは、創作活動のうえで、二度と伝統絵画の形式による制約を受けることはありません。高度な運動エネルギーで芸術自体が設ける枠組みの制約を突き破り、もっぱら創作者自身と作品の対話という形式によってその創作を用い、現在の意識の流れを説明しているのです。過去を往来する歴史文化において常用手段とされたものを採用しないだけでなく、その意義が現代社会から唯一与えられているというわけでもありません。現代のモダンであり、それがゆえに存在性のある生命芸術体となっているのです。台湾のアーティストは、多元化された文化の変遷と交差を何度も経てきており、とうの昔に各種多様の媒体によって、その作品自体が持つテーマを表現し、顕著な露出や解説を行ってきたのでした。現代モダンは、台湾アーティストがその後ずっと自己表現と創作表現を行ううえで、西洋文化における常用手段や制約を受けることなく、思うがままに活動を進めることができるのです。台湾で芸術に携わる人たちにとって、この個人と台湾美術の集団意識は、一般的に言えば、すべて「心中心外」(心の中と心の外)、「非西非中」(西洋でなく中華でもあらず)、「亦西亦中」(西洋文化もまた中華文化)といったところに集められており、甚だしきは、「中西二表」(中華と西洋文化の外層)を超越しながら、その内面に融合が見られるのです。しかし、その核心となる価値は、すなわち台湾の現代のクリエイターが主体となっています。一部のクリエイターの作風の起源は、多かれ少なかれ表現方法においてヨーロッパやアメリカなどの西洋、あるいは東洋の大陸にあるといえますが、しかし台湾アーティストの生命の流れは、依然として水のように、波のように、そびえるように、上るように存在し続け、紡がれてきたのです。これがすなわち無尽蔵に湧き上がる芸術の創作性なのです。台湾は決して理解し難い混沌とした時間軸の上にはありません。百家争鳴の風貌によって、次第にそれが属する現代の存在性が刻みつけられていったことから、かえって風貌の継承が同時に保たれることになりました。一方、新生する芸術において、その多元性ある超越した媒介材料やフィールド、自ら有する流派の風貌がともに示されることになったのです。これが正に台湾アーティストによる現代モダンの美学上の意義だといえます。

 

主催:台湾芸術家・現代モダン展実行委員会

運営:RUMOTAN(儒墨堂株式会社)

共催:虎之助デジタル科技有限公司(台湾)、儒墨堂文化事業有限公司(台湾)

協力:一般財団法人町田市文化・国際交流財団、一般社團法人日本中國經濟交流協會

後援:町田市、公益財団法人交流協会、台北駐日経済文化代表処、一般社団法人日本デザイン書道作家協会

メディア: 日中新聞社


台湾モダンアート展

台湾書道家-澹廬の門下生作品展

台湾クリエイティブアーツ展-女性アーティスト展

 

開催場所:日本東京都町田市民ホール 4階 ギャラリー
所在地:〒194-0022 東京都町田市森野2-2-36
TEL:042-728-4300
FAX:042-729-6730
【休館日】第1,3月曜日
(休日の場合は翌日)  
観覧料無料
  交通アクセス  電車でおこしの方
小田急線町田駅「西口」から徒歩7分
JR横浜線町田駅「中央改札口(北口)」から徒歩10分
バスでおこしの方
「町田市役所市民ホール前」バス停から徒歩1分

TEL:+81(80)1254-4758(東京)
+886(2)8993-5275(台湾)
E-mail:Email住址會使用灌水程式保護機制。你需要啟動Javascript才能觀看它    Fax:+886(2)6627-3433